外食をしたときの満足度は、単に味だけの問題ではない

外食って、単においしいものにお金をかけるだけではないと思います。
大切なのは、自炊するより高いお金を払って、満足できるかどうかですね。
その上で満足度に大きな影響があるのは、自分の肉体的精神的コンディションです。
特に気持ちがうつな時に外食に行っても、ちっとも満足できず、なんだか無駄なお金を払っただけ、という気分になってしまいます。
ファーストフードでも、テンション高いときに食べに行くと、なんとなく美味しく感じて満足できます。
気持ちの問題なので、これは人によるでしょう。
気うつな状態のときに、外食で美味しいものを食べて元気になれるという人なら、きっと食事代は高いものではないですね。
私の場合は、お金を使うこと自体がストレスになるので、気持ちが落ち込んでいるときに外食で高いお金を払っても、きっと満足できずますます落ち込んでしまうと思うんです。
どちらかというと比較的機嫌のいいときに好きなものを食べに行ったほうが、満足度が高いです。キレイモ パックプラン