今日は久しぶりに暖かくお天気も良かったので、義父母と一緒に娘を公園に連れていきました。

お腹が大きくなってきてからは、なかなか公園に連れて行ってあげることが出来ず、最近では天気も悪く本当に久しぶりの公園でした。

台風被害でしばらく閉園していた広い公園は休みなこともあって、子供たくさんいました。
しかし直前まで車で眠っていたせいか到着後の娘の機嫌は最悪で、最近乗れるようになった三輪車にも公園の遊具にも興味を示さず、そんな娘が喜んだのはどんぐり拾いでした。

公園をぐるりと歩きながら、三輪車のかごにどんぐりがいっぱいになるまで拾って、最終的には遊具でも遊んで気づけば2時間以上公園にいました。

そろそろ寒くなり、私自身もクタクタでふらふらでした。
まだ遊びたりない娘を抱いて、義父に娘を抱いてもらった直後、まさかの転倒。

わずかな段差に片足をひねり、そのままバランスを崩しでお腹から盛大に転んでしまいました。
お腹を打つ前に、膝と両手をぶつけたおかげかそこまで強く打たかなかったせいか、特にお腹が痛んだりはなく胎動もあり安心しました。

気を付けてはいたのですが、8ヶ月を過ぎ大きくなったお腹でバランスをとることが、自分で思っている以上に難しくなっていたようです。

あと2ヶ月で出産だしとどこか自分自身も気が緩んでいたのかなーと反省しています。キレイモ 脇

女の子と4人の子どもを大阪に記し、愛知県内に独身転勤して早くも8ヶ月が経ちました。
自らの生活にも慣れ、日帰り日帰りメリハリするどく生活してある。
日毎、大阪におる身内とアプリケーションのテレビジョン電話を使って顔を見ながらお話ししているので、寂しさも大して感じません。
独身転勤講じる前は一家や養育を分担していたので、女の子の苦しみがものすごく、甚だ心配していましたが、それにも慣れてきたようです。独身転勤はお互いの苦しみが激しく鬱陶しい雑貨でしたが、今になって思えば、両人がお互いの大切さを再び実感した良い機会なのではないかと思うようになってきました。
前日、現場のチーフと一緒に食事に赴き、サロンの不服や不服が話題の中心に。そのチーフは下に対してどうしても鉄板系統で思いやりのあるサイドで、こちらが大阪推進所で勤務していたときにもマジ世話になったサイドだ。独身転勤の辛さや身内と離れて暮す寂しさをチーフがわかっていていただき、「サロンはおまえに期待しているんや」と奮い起こしてくれました。

こちらは現下、自ら生活していますが、一人ではありません。応援してくれる身内や前進を待っていていただけるチーフがある。それだけで頑張ろうと思えます。

今日も日帰り、謝意の進め方を忘れず、一所懸命働いてきます。お金に困った