アメリカドラマ「リベンジ」シーズン2の第6話「幻想」を見ました。
コンラッドとヴィクトリアが2度目の結婚式を挙げることになりました。この茶番に100人の招待客を集めるとは呆れてしまいますが、それぞれの身を守るために死ぬまで添い遂げると言ったコンラッドの意見はあながち間違っていないのかもしれません。結婚式の最中にコンラッドの逮捕劇を繰り広げるとは、シーズン1の頃のエミリーの腹黒さが復活したような感覚でした。カーラはゴードンの死にかなりショックを受けていたようなので、やけっぱちになって暴走しないか心配です。ヴィクトリアもカーラの神経を逆なでするようなことをぽんぽんと言うので、見ているこちらがハラハラさせられました。
そして、グレイソン家の闇を暴こうと、煙たがられてもみんなの周囲をうろうろ嗅ぎまわるメイソン。エミリーとアマンダは事前に口裏合わせをしていましたが、「少年刑務所」というキーワードでついに真相に気づいてしまったのでしょうか。アマンダが不幸にならない展開だといいなと願っています。脱毛ラボ 新潟