株式投資をする時には決算期などを狙い、短期的に変動がよくありそうな時期を狙って取引をしたりするのが一つの方法としてあります。要するに業績が良い所であり、その業績を発表する時になりますととりあえず値が上がったりすることがあるわけです。これも一つの手法であり、ある意味では投資の基本的なやり方であると言っても問題はないくらいです。このやり方で重要になってくることは決算が出てからではなく、でる前に予想をする、ということです。大きく予想することができるポイントであるといえるでしょう。はっきり言ってそこそこ難しいやり方ではあるのですが慣れてくるとどのような状況であるのかというのが割と予想しやすくなったりしますので、そこそこ成功率が高くなります。ただし決算が良かったからといって必ずしも業績に株価が反映するのかと言うとそうでもないので実はかなりやり方としてはリスキーである場合もあります。それでも適当に投資をするということよりは遥かにマシであるのは間違いないです。https://www.ropro.co/hyoban.html